彦根市・米原市・東近江市で住宅リフォームをお考えならLIXILリフォームショップハヤシのお知らせ・コラム

コラム

2021.12.07

洗面化粧台リフォームで失敗しないために

洗面化粧台をリフォームするには、高さや使いやすさ、収納力など、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。今回は洗面化粧台のリフォームを失敗しないためにぜひ押さえておきたいポイントをご紹介します。

                             
★「こんなはずでは・・」とならないために よくある失敗例4選!
・洗濯機とのあいだに不自然な隙間ができた
・洗面化粧台を広くしたら収納が足りない
・洗面化粧台の高さが合わなくて、腰が痛い
・洗面ボウルが小さすぎて、床がびしゃびしゃになった
★失敗しないために知っておきたい、洗面化粧台を選ぶ時の鉄則3ヶ条
・洗面化粧台のサイズ
・お手入れのしやすさ
・操作性
★洗面化粧台をタイプ別に解説
・ユニットタイプ
・システムタイプ
・カウンタータイプ
★いよいよ洗面化粧台のリフォーム!その前に確認すべきこと
★洗面所リフォームを成功させて、快適な毎日を!

「こんなはずでは・・」とならないために よくある失敗例4選!

洗面化粧台のリフォームには、意外と気付かない失敗があります。よくある洗面化粧台リフォームの失敗例をご紹介します。

洗濯機とのあいだに不自然な隙間ができた


洗面化粧台と洗濯機の大きさをよく計算して選ばないと、洗濯機との間に不自然な隙間ができてしまいます。特に、洗面化粧台のリフォームとともに洗濯機を買い替える予定がある場合、新しい洗濯機の大きさを考慮して洗面化粧台の大きさを決める必要があります。また洗濯機以外にも、周囲にどんな家具を置くかによってサイズが変わるため事前にレイアウトをしっかり決めることが大切です。

洗面化粧台を広くしたら収納が足りない


せっかく洗面化粧台をリフォームするなら広いものにしたいと考えた結果、収納スペースが足りなくなってしまうという失敗例です。洗面化粧台には鏡の裏のスペースなどに小物を入れられますが、タオルや生活用品を入れておく場所は別となります。洗面化粧台を大きくすることに気を取られ、必要な収納スペースまで削ってしまわないようにご注意下さい。

洗面化粧台の高さが合わなくて、腰が痛い

洗面化粧台リフォームの際には、大きさだけでなく高さも重要です。使う人の身長を考慮しないと、洗面化粧台が低すぎて腰を痛めてしまうことがあります。反対に洗面化粧台が高すぎると、顔を洗う時に水がひじを伝って床が水浸しになることも。家族にとって使いやすい高さの洗面化粧台を選ぶのが大切です。

洗面ボウルが小さすぎて、床がびしゃびしゃになった

意外と見落としやすいポイントですが、リフォームの際には洗面ボウルの大きさも要チェックです。洗面ボウルが小さすぎると水はねがしやすく、洗面化粧台周りや床がびしょびしょになります。最近ではデザイン性を重視したおしゃれな洗面化粧台もたくさんありますが、やはり実用的な大きさが一番です。


そのほかにも、洗面化粧台リフォームの失敗例は数多くあります。例えば、収納不足やコンセント不足など、必要なものが足りないという失敗はよくあります。後から足すのはむずかしいので、余裕をもって考えておくのがおすすめです。また、女性にとっては鏡の大きさや明るさもポイントです。使いやすい洗面化粧台を目指すには、使い勝手を考えながら、ひとつひとつのパーツを選んでいきましょう。

失敗しないために知っておきたい、洗面化粧台を選ぶ時の鉄則3ヶ条

数ある洗面化粧台リフォームの失敗例から、洗面化粧台を選ぶ時に絶対に気をつけたいポイントを3つご紹介します。

洗面化粧台のサイズ

洗面化粧台のサイズは、洗面所全体の使いやすさに直結する重要なポイントです。洗面化粧台が大きすぎて脱衣スペースが狭くなったり、洗面化粧台が小さすぎて不自然な隙間があいたりと、サイズの問題は失敗につながりやすい部分です。まずは十分な動線を確保してから、残りのスペースの中でサイズを決めるとスムーズに決まります。

お手入れのしやすさ

洗面化粧台を選ぶ時には、普段のお手入れがしやすいかどうかも考えてみましょう。例えば、水はねしやすい形状だと、毎回周囲を拭かなくてはいけません。また、デザイン性を重視しすぎて、ほこりがたまりやすい、カビが生えやすい素材といった点を見落としがちです。洗面化粧台は水回りに直結するものなので、常に清潔でお手入れしやすいかどうかを考慮して下さい。

操作性

洗面化粧台は朝の身支度やお風呂上りで頻繁に利用するだけに、操作性もしっかり考えたいものです。コンセントの数や鏡の大きさ、ノズルの長さなど、可能であればショールームで実物を見て細かいところまでチェックしておきたいところです。まずは普段の生活の中で、必ず必要なもの、足りないものを確認しておくと、洗面化粧台選びに役立ちます。

洗面化粧台をタイプ別に徹底解説!

洗面化粧台には、大きくわけて3つのタイプがあります。それぞれのタイプ別の特徴について解説します。

ユニットタイプ

                                
洗面化粧台のタイプの中でも最も一般的なのが、ユニットタイプです。洗面ボウルが洗面化粧台と一体型になっていることが多く、一体タイプとも呼ばれます。あらかじめ決められた幅の据え置き型の洗面化粧台に、水栓金具、収納棚、鏡、照明などユニットが組み合わさっています。ユニットタイプの洗面化粧台は規格サイズから選んで構成できるため、ある程度の自由度がありながらリーズナブルな価格というのがメリットです。

システムタイプ

                                    
システムタイプの洗面化粧台は、システムキッチンのように様々な要素を組み替えることでサイズやデザインを変えられます。収納や鏡、照明、洗面ボウルなど、組み合わせ方は自由自在です。そのため、洗面所の広さや希望する洗面化粧台のサイズに合わせてレイアウトを決めやすい点が人気です。

カウンタータイプ

                               
カウンタータイプの洗面化粧台は、壁に取り付けたカウンターに洗面ボウルや鏡などのパーツを組み立てていくものです。高さはある程度自由に設定できますが、土台がカウンターのため、収納棚などはついていないことが多いです。収納スペースは少なくても、シンプルな洗面化粧台がいいという方に向いています。

いよいよ洗面化粧台のリフォーム!その前に確認すべきこと

洗面化粧台のリフォームをするにあたって、まず確認すべきことがいくつかあります。まず、玄関など、入り口から洗面所などの搬入ルートです。搬入ルートが狭い場合、設置できる洗面化粧台の形状が限られます。洗面所が広くても、それまでのルートで搬入が可能かどうか、事前に確認しておきましょう。

また、設置した後の動線やスペースの確認も必須です。洗面化粧台が場所を取りすぎて動線が確保できなくなってしまうというのは、意外とありがちなトラブルです。洗面所のレイアウトの中で邪魔にならない洗面化粧台かどうか、しっかり寸法を測っておくのが大切です。

洗面所リフォームを成功させて、快適な毎日を!

洗面所のリフォームはそれほど難しくはないものの毎日頻繁に使う場所だけに、リフォームの仕方は大切です。まずは、ご希望される洗面化粧台のイメージを明確にし、ご家族みなさんが快適に使える洗面化粧台リフォームを目指しましょう!素敵な洗面台リフォームはぜひLIXILリフォームショップ ハヤシにお気軽にご相談下さい。